全国信用保証協会連合会について

全国信用保証協会連合会について

全国信用保証協会連合会の概要

名称 一般社団法人 全国信用保証協会連合会
代表者 会長 村山 寛司
所在地 〒101-0048
東京都千代田区神田司町二丁目1番地
設立 昭和26年1月(全国信用保証協会協議会設立)
昭和30年7月(社団法人 全国信用保証協会連合会設立)
平成25年4月(一般社団法人 全国信用保証協会連合会に移行)

目的および事業

全国信用保証協会連合会は、信用保証協会の健全な発展を図り、もって中小企業者等に対する金融の円滑化に資することを目的として、次の事業等を行っています。また、平成20年11月、信用保証協会法に基づき保証業務支援機関の指定を受けています。
(1)信用保証業務改善のため調査研究を行うこと。
(2)中小企業金融に関する調査研究を行うこと。
(3)中小企業者等の債務保証を行う信用保証協会に対し、財務基盤強化のための貸付及び出えんを行うとともに、その適切な管理を行うこと。
(4)責任共有制度に基づき、信用保証協会に対して金融機関が支払うべき負担金の計算及び受け払いを行うこと。
(5)保証業務支援機関に関する業務を行うこと。
(6)信用補完制度の円滑な運営の実施のため、信用保証協会、株式会社日本政策金融公庫及び金融機関その他の関係機関との連絡調整並びに信用保証協会に対する指導助言を行うこと。
(7)関係官庁その他に対する建議、答申を行うこと。
(8)金融、経済諸団体との連絡協調を図ること。
(9)その他本連合会の目的を達成するため必要な事業。

不特定かつ多数の方の利益の増進に寄与する目的に関する事業について

全国信用保証協会連合会は、調査・研究、研修、広報の3事業を標記事業として行っています。研修事業については、公募による研修も行っています。なお、現在、募集はしていません。

案内図

案内図はこちらをご覧ください。